Cut&BLENDER

特長

Cut&BLENDER

粉砕機、バージン材タンク、混合タンクより成り、再生材とバージン材を混合し、レベルスイッチにより一定量(約5kg)の混合物を連続的に用意します。
従ってバージン材を補給するだけで無人運転が可能になります。
混合タンクは引き出し式ですので、材料替え時の掃除は簡単です。

ページの先頭へ戻る

構造

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

特許第3002161号を採用した混合装置と、粉砕機、バージン材タンクをコンパクトにまとめた省力機械。

ページの先頭へ戻る

仕様

  CBA120 CBR120  CBA160 CBR160 CBA250 CBR250  CBA400
粉砕機型式 MC120-2 MC160-4 MC250-7 CBA400
バージン材
タンク容量(L)
50 50 100 100
機械寸法 W400
×
L900
×
H1010
W400
×
L1140
×
H1010
W400
×
L900
×
H1010
W400
×
L1140
×
H1010
W500
×
L1205
×
H1195
W500
×
L1410
×
H1195
W540
×
L1620
×
H1390
総電気容量(kW) 0.25 0.45 0.8 1.55
※仕様および寸法は予告なしに変更することがあります。
※CBRシリーズはコンプレッサーエアを必要とします。
※全機種、電源コード長は4.5mでコネクタ附属しませんので、ご用意下さい。

ページの先頭へ戻る

Q&A

CBAシリーズとCBRシリーズの違いは?
CBAシリーズは、全量還元タイプです。射出成形機より排出されるランナーを、100%リサイクル可能な成形に使います。CBRシリーズは、比例還元タイプです。ランナーの混合比率に制限のある成形に使います。
混合比率は一定ですか?
CBA、CBRシリーズ共に、ランナーが一定サイクルで粉砕機に投入されることを前提にコントロールされますので、 一度に大量のランナーを入れたり、不良品を入れますと、混合比率が大きくなりますからご注意ください。
掃除は簡単ですか?
混合タンクは引き出し式ですので、材料替え時の掃除は簡単です。

ページの先頭へ戻る